エタノールは乾燥肌の刺激になりやすい成分

エタノールは、肌の引き締め効果や殺菌作用、清涼効果を持つ成分で、多くの化粧品に使用されています。
ですが、乾燥肌の方はこの成分が刺激となってしまうことがあるので、注意が必要です。
その原因は、皮脂となじむことで皮脂を取り除くというエタノールの働きにあります。
この働きはオイリー肌の方には効果ですが、乾燥肌の方には良くない効果です。
なぜなら、肌の必要な皮脂まで取り除かれてしまった結果、肌がバリアを作るために過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。
その結果、表面的にはオイリー肌なのに内部は乾燥肌という状態になってしまいます。
こうなると、正常なターンオーバーに戻すのが大変になります。
エタノールはさっぱりした化粧品には欠かせない成分ですが、乾燥肌の方は注意が必要です。

エタノールとアルコールの違いは?

乾燥肌化粧水

アルコールとは正式には分類名であり、エチル、メチル、プロピルアルコールなどに分類されます。
エタノールはアルコール類の中の一つで、正式名称はエチルアルコールです。

 

酒類の主成分として使われるほか、揮発性が強いため殺菌や消毒、燃料としても使われます。
化粧品の主な物質としてよく使われるエタノールには、化粧品の腐敗を防ぎ、比較的に肌へ悪影響を受けることなく品質保持させることができます。

 

また、乾燥肌の人は化粧品の浸透が重要でありますが、エタノールを配合した化粧品を使うことにより肌への浸透力が良くなります。
しかし揮発性の高い物質はそのままにしておくと乾燥肌を助長する可能性があるため、化粧水が乾く前にオイルで潤いを閉じ込める必要があります。

アルコールはどれぐらいの量が配合されていると刺激になる?

乾燥肌化粧水

化粧水にはアルコールを含むものがあります。
アルコールは同時に肌の水分も奪ってしまうため、肌にとって必要な水分が足りなくなり、乾燥してしまうケースもあります。

 

洗顔で皮脂が落とされて、そこにアルコール入りの化粧水をつけると肌の水分が奪われて乾燥肌になります。
乾燥肌になると体の反応で皮脂を多量に分泌するためニキビの原因になります。

 

乾燥しているからとたっぷり化粧水をつけるとよけいに乾燥する場合は化粧水にどれだけアルコールが含まれているかを確認する必要があります。
アルコールは殺菌作用があるのでニキビ用の化粧品の中には20%の高濃度のものもあり、それで刺激を感じる場合があります。
アレルギーの方もおられるので、配合量を調べてから使用されるのをおすすめします。

乾燥肌は敏感肌の一歩手前の危険な状態です。
このまま乾燥肌が悪化すると敏感肌を併発してしまうので、早めのでお肌の手入れが必要です。
乾燥肌の化粧水に関してはこちらのサイトがとても参考になったので、一度見てみてください。
参考サイト:http://乾燥肌化粧水ナビ.com/

ニキビ用の化粧水にアルコールが配合されているのはなぜ?

乾燥肌の人や普通肌でもニキビ用の化粧品を使用すると肌トラブルが発生することがあります。
化粧品をつけてすぐに吹き出物ができたり、赤みができたりしますが、これは化粧品にアルコールが配合されていることが原因です。
アルコールは肌を引き締める効果があり、角質層まで水分を浸透させるためのブースターとしても利用されています。
清涼感をもたせる、皮脂のべたつきを除去するという効果もありますから、普通肌の人にとってはあまりトラブルにならない、またはすっとして気持ちが良いというメリットにもつながります。
敏感肌、乾燥肌の人にとってはアルコールの成分が肌に刺激になりやすく、より乾燥しやすくなったり、肌がひりひりしたりします。
肌質だけでなく体調によっても刺激を感じやすくなりますので、違和感を感じたら使用を停止するのがおすすめです。

アルコール以外にも乾燥肌に刺激になりやすい成分はある?

乾燥肌化粧水

乾燥肌の方の化粧品選びというのはなかなか難しいことだと思います。
乾燥肌に刺激になりやすい成分としてはアルコールが代表的ですが、実はそれ以外にも避けた方がいい成分があるのです。

 

例えば、香料や着色料といった成分は肌に刺激になることが多いので避けた方がいいでしょう。
最近は無香料・無着色を謳った製品もたくさん販売されています。

 

また、美白成分として配合されていることの多いハイドロキノンやビタミンC誘導体といった成分も、人によっては刺激になることがあります。
必ずしも肌トラブルを引き起こすわけではありませんが、乾燥肌の方が美白化粧品を使う際にはまずは目立たないところでパッチテストを行ってから使うなどの配慮が必要です。

更新履歴